【Re:ゼロから始める異世界生活】1期 心に残るセリフ集

出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX

突如、異世界に召喚され、「死に戻り」によって運命に抗うナツキ・スバルの異世界物語である。今回はその『Re:ゼロから始める異世界生活』の心に残るセリフを紹介します。

このリゼロには、心に残るセリフがたくさんあります。もしかしたらあなたの心に残っている名言もあるかもしれません。そういった「脳が震える」内容になっています。

エミリア陣営

ナツキ・スバル

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/1-4.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 スバル”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
PV

「君を救うためなら、俺は何度でも死ぬ」

第1話

「俺が必ず… ーーお前を救ってみせる」

第7話

「そうだ、拾った俺の命だ。だから楽な方にいきやすい方へ、それを目指して何が悪い。使い方は俺が決める」

第10話

「命は大事だ、1個しかない。お前らが必死こいて繋いでくれたからそれが分かった。だからみっともなく足掻かせてもらう。さぁ、最後の大勝負といこうぜ」

「運命様、上等だ‼」

第11話

「笑いながら、未来の話をしよう」

第18話

「きみ(エミリア)を見てる。きみ(レム)が見てる。だから、俯かない。借り物の勇気だけど、この胸に抱く想いは本物だと信じられるから。」

「ここから、ゼロから始めよう。ナツキ・スバルの物語を。―ゼロから始める、異世界生活を」

第25話

「君が自分の嫌いなところを10個言うなら、俺は君の好きなところを2000個言う」

「お前の相手は俺だ。俺より前に行かせねえし、俺の先にいる子に追いつかせる訳にも、絶対にいかねえ!」

 

エミリア

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/4-5.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 エミリア”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第3話

「切り札はあるけど、使うと私以外は誰も残らないわよ」

「命の恩人相手なら嘘なんて、きっとつかないわ。これも私のための行為よ」

第5話

「ご褒美は頑張った子にだけ与えられるからご褒美なのです」

第8話

「ごめんって何度も言われるより、ありがとうって1回言われたほうが相手は満足するの」

第13話

「私の望みは一つ、ただ公平であること。全ての民が公平である国を作ることです」

第25話

「されて嬉しい特別扱いなんて、生まれて初めて」

「ありがとうスバル、私を、助けてくれて」

レム

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/2-4.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 レム”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第6話

「姉さま姉さま。お客様ってば、お世辞が絶望的に下手くそですよ!」

「仕方ありませんね! 何も気付かれないまま、終わってもらえるのが一番だったんですが」

第7話

「疑わしきは罰せよ。メイドとしての心得です。姉さまに見られる前に、終わらせるつもりです」

第8話

「姉さま姉さま。お客様ったらひょっとして、なじられて喜ぶ困ったお方?」

第9話

「待って下さい。危険すぎます。それに魔獣に連れて行かれたなら、もう!」

「欲張りすぎて、拾って戻れるはずだった物まで、こぼれ落とすかもしれませんよ!」

第10話

「レムが、レムが1人でやらなきゃ! 傷つくのはもう、レムだけで十分!」

第11話

「レムは、とっても弱いです。ですからきっと、寄りかかってしまいますよ!」

「鬼がかってますね!」

第12話

「何ですか、スバルくん。そんな凛々しい目で見つめられると、困ってしまいます」

第14話

「ですから、そのほんの片隅に、レムのことも。どこにも行かないでくださいね、スバルくん」

「スバル君が悩んでいたのを知っていたのに、ごめんなさい。スバル君がエミリア様と口論したって、そう聞いていたのに、ごめんなさい。大丈夫ですよね、スバル君。スバル君はいつだって、鬼がかってる、凄い人なんですから」

「お前たちは、姉さまから角を奪い、レムから生きる理由を奪っただけじゃあ飽き足らず、今この場で死にゆく理由すら、奪うのかぁぁぁーーー!!!」

「い・き・て……だい・すき!」

第17話

「レムは今、この時のために生まれてきたんですね!」

「大丈夫です。レムはずっと、スバル君の後ろで見守っていますから」

第18話

「はい。スバル君のレムです。ごめんなさい、気づかなくて。人混みに疲れてしまったんですね」

「スバル君。レムはスバル君と逃げることは出来ません。だって、未来のお話は、笑いながらじゃなきゃダメなんですよ!スバル君が笑って、その未来を望んでくれるなら、レムはそうやって死んでもよかったと、本気で思います。スバル君、諦めるのは簡単です。でも、スバル君には似合わない!だって、スバル君はレムの英雄なんです!」

「だから、レムは信じています。どんなにつらく苦しいことがあって、スバル君が負けそうになってしまっても、世界中の誰もスバル君を信じなくなって、スバル君自身も自分のことが信じられなくなったとしても、レムは信じています!レムは、スバル君を、愛しています!スバル君がいいんです。スバル君じゃなきゃ、嫌なんです。」

「空っぽで、何もなくて、そんな自分が許せないなら、今、ここから始めましょう。レムの止まっていた時間をスバル君が動かしてくれたみたいに。スバル君が止まっていると思っていた時間を、今、動かすんです。ここから始めましょう。1から、いいえ、ゼロから!!」

第21話

「スバルくんの匂いをかぐのは、レムの特権です。」

「ごちそうさまです。」

「嫌なんです! 苦しいんです! 耐えられないんです!スバル君が困っている時、誰よりも先に手を差し伸べるのは、レムでありたい!それだけがレムの望みなんです。ですから!」

「これからも、レムを隣に置いてくれますか?」

「言質、取りました! もう引っ込められませんよ!」

「はい! レムの英雄は、世界一です!」

ラム

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/3-5.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ラム”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第4話

「なにを隠そう、ラムの得意料理はふかし芋よ!」

第7話

「触らないで! レムに……ラムの妹に触らないで!」

「そんなの、全部どうでもいいのよ! 邪魔しないで! ラムをどうして、レムの仇を、何か知っているなら全部話して。ラムを、レムを、助けて!」

第10話

「当たり前でしょ。確かにあの子の方がラムより強い。でも、それは心配しない理由にはならないわ。何をやらせてもあの子の方がずっと上。でもラムはあの子の姉様だもの。その立場だけは絶対に揺るがない」

「後で客観的に自分が何をしてるのか振り返って……死にたくなりなさい!」

ベアトリス

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/3-5.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ベアトリス”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX

 

第4話

「なんて心の底から腹立たしい奴なのかしら。お前に見せる笑顔なんて嘲笑で十分なのよ」

「気高く尊き存在をお前の尺度で測るんじゃないのよ、人間」

「上から見てた感じ、あれなのよ。お前相当に頭が残念みたいかしら」

「頭幸せなのはそこの奴だけで十分かしら」

第5話

「ブツブツつぶやいてると思ったら、死ぬだの生きるだの、人間の尺度でつまらない下らないかしら。あげくに出るのが妄言・虚言のたぐい」

「罵倒されて落ち着くなんて変態の極みかしら」

第7話

「汝の願いを聞き届ける。ベアトリスの名において、契約はここに結ばれる。たとえ仮でも契約は契約。お前の訳の分からない頼み聞いてやるかしら」

「冗談は化粧と性癖だけにするかしら」

「淡い期待を抱くのは、都合が良すぎるかしら。失われたものは戻らない。あの姉に弁明する機会なんてもう無い。お前はそれを投げ捨てたのよ」

第10話

「お前が同じ立場ならどうするかしら?」

第17話

「ベティーはロズワールとは違うのよ。たとえ未来を得るためでも、痛いのも苦しいのも恐ろしいのも、全て嫌になったかしら」

 

ロズワール

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/4-6.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ロズワール”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第4話

「小さな徽章一つ守りきれない人間に、国を任せられなって思われれば、それだけでおーしまい」

第5話

「おーや、手厳しい。それに分かってない。確かにこの浴場も私の所有物だけど、使用人という立場の君も、私の所有物といえるんじゃーあないかな?」

第7話

「お客人、なーにか心当たりはないかねーえ。かわいがっていた従者がこんな目に合わされて、私も少々気が立っているようだ」

第11話

「この度の王選、なんとしても勝ち抜かないといけない、私の目的のために。竜を殺す、その日のために」

パック

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/4-6.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 パック”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第15話

「眠れ…我が娘と共に」

第18話

「この程度で魔女の名前を借りるなんて、四百年早い。本気でボクを殺すつもりだというのなら――サテラの半分、千は影を伸ばして見せろ」

「エミリアはボクが存在する理由の全部だ。あの子がいない世界にボクがいる意味はない」

「怠惰だね スバル」

 

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

第14話

「強くなる選択肢を捨てた相手に、強くなるための剣を説くことは、あまり意味の無いことではと思ったものですから」

第19話

「妻を奪ったにくき魔獣を討つ機会を、この老体に与えて下さる温情に感謝を」

「ええ、妻を愛しております。誰よりも、どれほど時間が過ぎようとも」

「この戦いで、私は私の剣に答えを見つけられる。妻の墓前にもやっと、足を向けることが出来ましょう。やっと妻に会いに行くことが出来る」

第20話

「14年。ただひたすらにこの日を夢見てきた。ここで落ち、屍をさらせ」

「よそ見など、つれないことをしてくれるな。私は14年前からついぞ、きさまに首ったけだというのに!」回想

「待っていろ、テレシア。俺がお前から剣を奪ってやる。剣を振るうってこと。刃の、鋼の美しさをなめるなよ! 剣聖!!」

第21話

「我が妻テレシア・ヴァン・アストレアに捧ぐ」

「眠れ、永久(とこしえ)に」

「終わったぞ、テレシア…やっと…テレシア、私は…オレは、お前を愛している!!」回想

「俺の勝ちだ。俺より弱いお前に、剣を持つ理由はもう無い。お前が剣を振る理由は、俺が作る。お前は、俺が剣を振る理由になればいい」

第22話

「ただ、無粋の極みながら言わせていただきます。戦え!!」

「戦え 戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。一瞬も、1秒も、刹那すらも諦めず、見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。妥協などしてはならない、あってはならない。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのであれば、立て、立て、立て、立て、戦え。―戦え。」

「強くあれと!」

第25話

「男が女に会いに行くのを、誰に邪魔されてなるものか!」


王選候補

クルシュ・カルステン

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/6-5.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 クルシュ”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第14話

「下を向くなよ、ナツキ・スバル。瞳が曇れば、魂が陰る。それは未来を閉ざし、生きる意味を見失うということだ。己の正しきに従う時、下を向いて行う者にどれほどのことが出来る」

「顔を上げ、前を向き、手を伸ばせ。私は卿のことを、つまらぬ敵とは思いたくないのでな」

第16話

「話題をすり替えるな、ナツキ・スバル。領地を守る力が無いのはエミリアであり、無能さで民草を失うのもエミリアだ。断じて私では無い」

「今、卿の瞳に宿る光を、殺意であると呼ばずして何とする」

「言ったはずだぞ、ナツキ・スバル。自分すら騙せない嘘では、他者は欺けない」

「分からないのか? 卿は一度も、エミリアを助けたいと口にしていない」

「卿は嘘を言ってはいない。妄言を真実だとかたくなに信じ込んでいる。それはもはや狂気の沙汰。狂人というものだよ、ナツキ・スバル」

第19話

「疑問はある、疑念もある。腑に落ちない点も多く、即座にうなずくのは難しい。だが、この状況を作った卿の意気と、この目を信じることにしよう」

「だが、その無為の日々は今日をもって終わる。ここにいる我らが終わらせる。白鯨を伐ち、あまたの悲しみを終わらせよう。悲しみにすらたどり着けなかった悲しみに、正しく涙の機会を与えよう」

第21話

「立て! 顔を上げろ! 武器を持て! 卿らは、恥に溺れるために、ここまで来たのか!あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ!打ち倒される所を私もこの目でみた無力な男だ!他の誰よりもあの男が1番弱い・・・そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている!それでどうして我らが下をむいていられる?最も弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折る事が許される?卿らは恥に溺れるために・・・ここまで来たのか!」

「ナツキ・スバル。一つ考えを正そう。雌雄を決する機会が来たとしても、私は卿に対して、友好的であろう」

「いずれ必ず来たる決別の日にあっても、今日の日の卿への恩義を、私は忘れまい。ゆえに、敵対する時が来たとて、私は卿に最後まで、敬意を払い、友好的である」

「私の心は、夢の果てに預けてある」

プリシラ・バーリエル

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/3-7.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 プリシラ”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第16話

「貴様のそれは、忠義でも忠誠心でもない もっと薄汚い犬のような依存と豚のような欲望じゃ 欲しがるだけの怠惰な豚め 豚の欲望が最も醜い」

「仮に魔女教を退けたとしても、貴様のような畜生を要する陣営など、わらわがうち滅ぼしてやる。貴様の軽率な行いと態度がわらわにそう決意させた!!」

アナスタシア・ホーシン

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/6-6.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 アナスタシア”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第16話

「早速本題に入ろうとする。自分の目的ばかり優先やと、相手は喜ばんよ。交渉の基本はどんだけ相手の懐に入れるか、ナツキ君はそこがアカンね」

「評価を決めるんはそれまでの行い、つまり過去や。何をしても過去は変わらん」

「交渉の秘訣は交渉のテーブルつく前にどれくらい準備できるかで決まる」

騎士団

ラインハルト・ヴァン・アストレア

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/3-8.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ラインハルト”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第3話

「幸いなことに、怪物狩りはボクの専売特許でもあるんだ」

「この剣は抜くべきとき以外は抜けないようになっている。鞘から刀身が出ていないということはそのときではないということです。僕の微力がどれほど彼の役に立つかわからないが、もしも強硬手段に出るというのであれば騎士として、抗わせてもらうよ」

「落ち着いて月を見れるのは、今日が最後かもしれないな…」

ユリウス・ユークリウス

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/3-6.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ユリウス”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第13話

「隣に立ちたいと、そう望む相手にそんな顔をさせるのは「騎士」ではない」

第14話

「私は己に従ったまでだ。ただ正しく、己らしく、恥じずにあろう。望むままに」

第24話

「君の目で、私が斬ろう。我が友、ナツキ・スバル」

 

その他

エルザ・グランヒルテ

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/4-7.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 エルザ”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第1話

「見たまま素人で動きは雑、加護もなければ技術もなく、せめて知恵を絞れるかと思えばそれもなし」

「あぁ、やっぱり… あなたの腸はとてもきれいな色をしてると思ったの」

第2話

「匂い、怖がっている時、その人からは怖がっている匂いがするものよ。あなたは今怖がってる。それから怒ってもいるわね。私に対して」

第3話

「血の滴る極上の獲物を前にして肉食獣が我慢すとでも?」

「牙なくなれば爪で、爪がなくなれば骨で、骨がなくなれば命で、それが腸狩りのやり方よ」

ペテルギウス・ロマネコンティ

<img src=”https://gildon-webryman.com/wp-content/uploads/2021/01/5-3.jpg” alt=”Re:ゼロから始める異世界生活 ペテルギウス”>
出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX
第15話

「魔女教、大罪司教ーー怠惰担当 ペテルギウス・ロマネコンティ…デス!!!」

「脳が震えるぅぅぅ」

「あなた…怠惰ですねぇ~」

「何の意味があってそんなに狂気に染まったような演技をしているのですか?あなたの狂気は正気に過ぎる。そんな賢し気に大人しく同情を買うよう振る舞うなど狂気に対して失礼というものです。出来損ないの狂人の演技デス」

「本気で振る舞うのであれば他者の目など意識してはいけない」

第16話

「怠惰ですねぇ~」

第18話

「あああぁぁぁぁ、脳が震えるるるるるぅ」

「再開が…楽しみデスね!」

第22話

「ペテルギウス・ロマネコンティ…デェス!」

「脳が…震っっえる!!」

「脳がぁぁぁ!震えるぅぅぅ!」

第24話

「あぁぁあぁぁーー怠惰!怠惰!怠惰!怠惰ーーーー!」

第25話

「終われないィィィ私は勤勉に勤めてきたのです。魔女の寵愛を一身に浴びて!」

TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活 1期」を視聴できる動画配信サービスを紹介

出典:『Re:ゼロから始める異世界生活』(C)長月達平/WHITE FOX

TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」を無料で観れるのが、『U-NEXT』です。

U-NEXTなら、31日間の無料トライアル期間にTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」1期1話からすべて無料で楽しむことができます。

それに加えて、無料トライアル時にもらえる600ポイントを利用して、原作を1冊お得に読むことができます。

無料トライアル期間中に解約すれば一切料金がかからないため、22万本以上のアニメ・映画・ドラマを観て、より充実したおうち時間を満喫しちゃいましょう。

 

U-NEXTで『リゼロ』を観る

 

こちらの『【Re:ゼロから始める異世界生活】2期 キャラクター紹介』でもリゼロについて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい

小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載が開始され、今や人気アニメとなった『Re:ゼロから始める異世界生活(通称:リゼロ)』。今回は、魅力あふれるキャラクター達が多数登場しているリゼロのキャラクターを紹介します。Re:ゼ[…]

今回のまとめ
今回の紹介は『Re:ゼロから始める異世界生活』の各キャラクターの各話での心に残るセリフでした。
他にも心に残るセリフまた「脳が震える」セリフはたくさんあります。
現在放送中の2期からもたくさんの心に残るセリフはたくさん生まれるので、ぜひ、見てみてください。
最新情報をゲット!!